子ども

保育士の資格は厚生労働省が認定する大学で取得可能

ニュース一覧

大きな責任がある

ペンとノート

幼稚園教諭になるためには、短期大学か4年制大学への進学をしなければなりません。幼稚園教諭はとても大きな責任を持たなければならないので、しっかりとした心構えをもって学習するのが望ましいと考えられます。

もっと詳しく

メリットがたくさん

子どもと女性

一度社会人になってから保育士を目指したいという思いを抱いた人は、通信講座を活用して資格取得を目指す方法を考えてみてはいかがでしょうか。経済的な部分と時間の確保を考えたときに有利な点が数多くあるのでおすすめです。

もっと詳しく

将来自分を助ける武器

勉強する女性

子どもは将来を担う宝であり、子どもがたくさんいる国の経済は発展していきます。少子化問題を解決するためには、子どもたちを見守る環境を整備する必要があるのです。子どもたち環境を見守るには、保育士の数をもっと増やしていかなければなりません。そのような現状を背景として、保育士の需要が近年増加しています。子どもが好きで保育士に興味があるという人はたくさんいることでしょう。そのような人は、保育士の資格を取得することができる短期大学や4年制大学、専門学校への進学を頭に入れると良いでしょう。
厚生労働省に指定された短期大学や4年制大学では、試験を受けることなく保育士の資格を取得することができます。確実に将来役に立つ資格を取得できるということは、就職などにも有利に働くのでとても魅力的です。手に職をつけることは自らの生活を助ける武器になります。資格の取得に注目が集まる昨今において、保育士の資格は多くの人が欲しがるものであると考えられます。短期大学や4年生大学は、無試験で資格を取得できますが、責任の大きな保育士を養成することから、その講義や実習はみっちりと行ないます。特に短期大学では、実習にたくさんの時間を割くといわれています。大学で勉強するうちから現場の空気を感じることができることは非常に大きなアドバンテージとなります。なぜなら、卒業後すぐに活躍できる人材となることができるようになるからです。社会に必要とされる保育士のお仕事にはとても大きなやりがいを持つことができることでしょう。

社会から必要とされている

勉強中

保育士は、少子化問題の課題を解決するカギとなる職業であり、社会から必要とされています。就職率も高いので、興味のある人は保育士を養成する課程のある学校を調べてみると良いでしょう。

もっと詳しく