女性

保育士の資格は厚生労働省が認定|将来自分を助ける武器

社会から必要とされている

勉強中

保育士になるには、厚生労働省に認定された養成施設を卒業すれば無試験で資格を取得できます。厚生労働省に認定される養成施設とは、短期大学、4年制大学、専門学校が主たるものとなります。就職率も高いことなどの要素もあることから、保育士の資格取得を目指す学生は毎年数多く存在します。少子化の影響もあって一見保育士のニーズは減少するのではないかといったイメージを持たれがちですが、実際のところは、共働き世帯が増加していることを背景としてとても多くの人に必要とされている職業となっています。保育士になるためのカリキュラムは、学校によっても学ぶ期間や環境によっても幅があるのでさまざまです。保育士の資格を取得するまでに身につけたい資格はそれぞれ異なると考えられるので、各学校のパンフレットなどを取り寄せてカリキュラムなどを確認しながら、自分に合った学校を選ぶのが良いと考えられます。また、最近では、幼保一体といったテーマが国で掲げられているので、保育士と幼稚園教諭の両方の資格を狙える学校も増えてきています。この二つの資格を同時に狙うのであれば、それが可能な学校への進学を検討するのが良いでしょう。少子化が深刻な問題となっている昨今では、子どもを安心して育てていく環境を整えることがとても重要な課題となっています。その環境を整えるためにも、保育士になる人材は貴重な存在として重宝されます。とても大きなやりがいと責任感を感じることができる保育士を目指してみませんか。