女性

保育士の資格は厚生労働省が認定|将来自分を助ける武器

大きな責任がある

ペンとノート

幼稚園教諭は、体調の変化が激しい幼児の変化を感じ取ることができる敏感さが必要な職業です。幼児の些細な変化を感じ取るためには、幼児のことを深く愛することができなければなりません。幼児への関心が薄いと、小さな変化を見落としてしまうことになってしまいます。子どもはどんな些細なことでも大きな影響を受けてしまいます。幼児教諭の何気ない気配りや愛情が、子どもの健全な成長に繋がっていくと考えられます。子どもが好きなだけではもちろん幼稚園教諭の仕事を乗り切ることはできないのですが、やはりこの要素が最も重要なものであるといえるでしょう。幼稚園教諭は幼児の成長を最も近くで感じることができるお仕事です。中には保護者よりも先に初めての機会を目撃するといった経験をすることができます。その機会に立ち会うことができた瞬間には、とても大きなやりがいと感動を得ることができるでしょう。世の中にある数多くのお仕事を見渡しても、そのような感動とやりがいを感じることができるお仕事を見つけることは難しいでしょう。

幼稚園教諭になるには、短期大学か4年生大学を卒業する必要があります。大学での講義や実習を通して、幼稚園教諭に必要な知識や技能の習得を目指すのです。保護者の大切なお子さんを預かるので、その責任はとても重大です。幼児の健康や安全に気をつけながら、社会的なマナーなどを教えていくことは本当に難しい作業であると考えられます。このような難しいお仕事であるということを認識したうえで、しっかりとした心構えを持って大学で学習していきましょう。